聴きやすい環境

人間の耳には必要な音を選択して聞くことができるようになっています。しかし、難聴の方は音を拾いにくいだけでなく、聞きたい音を選択する能力がないので補聴器を使用している場合は、補聴器が様々な音を拾ってくるので、音が聴こえすぎてしまうといったこともあります。
例えば、風の音などまで拾ってくる場合があるので、補聴器をするのが煩わしく感じる方も多いようです。
最近では、このような事態にならない様に聞く必要のない雑音などを抑えてくれるような補聴器も存在しています。
多くの方が補聴器の音を拾う力を評価している反面、拾いすぎることによってのストレスを感じるようです。
そのため、自分が聞きたい音を選択できるような補聴器を選ぶことが重要になってきます。

難聴の際には補聴器を使用しますが、この補聴器のFMシステムについてご紹介します。
FM補聴システムは、FM送信機に入力された音を受信機が音を受信するシステムになっています。聞きたい音をケーブルから聞くことができるので、雑音などを少なくすることができます。
ケーブル使用して音を直接届けるため、人の発言を聞き間違えるなどの問題を防ぐことができます。
歯並びの問題や滑舌の違いなどで、人は個々に発言の聞き取りやすさが違ってくるものです。
難聴の人の場合、特にこうした人の言葉が聞き取れないことが問題となり、重要な発言を聞き逃してしまう場合や、コミュニケーションの不全による人間関係の悪化など、多くの問題が発生しまいます。
音がクリアに聞こえるFM歩調システムを利用することで、こうした難聴による問題を解消することができます。
雑音を取り除き、綺麗な音声が聞こえるこのシステムを利用することで、難聴の人でも健常者と同じように生活することができるのです。