選び方を知ろう

補聴器を購入する場合、まず専門の販売店で購入する方法が挙げられます。
専門店では、個人個人の聴力と利用する補聴器の種類などを選定するフィッティングを行います。自分に合った自分だけの補聴器を選ぶので、このフィッティングは慎重に行われるのです。
難聴のレベルを図るために、専門店では専用の機器を使い、聴力を測ります。
音の大きさや高さなどを測る機器を使用するため、大きさだけではなく、聞き取りづらい高音や低音にも対応した補聴器を作成するのです
また、難聴レベルに合わせた機器だけではなく、使用する機器の性能からも補聴器を選ぶ事はできます。
外出先などで、強い風の音でも声を拾えるタイプや、防水性に優れたタイプもあれば、できるだけ補聴器をつけている事をさとられない、小型の機器もあります。
あらゆる購入する人一人ひとりのニーズに合わせた機器を選べるため、余計なストレスを抱えることなく、利用することができるのです。

補聴器の種類には、耳穴形、耳かけ、ポケット、メガネ、特殊形いろいろな形をした補聴器の種類があります。
それぞれに特等があります。例えば、耳穴形であれば、耳の穴にスッポリ合うようにオーダーで作ることが多く、一見補聴器を利用していることがわかりにくいという特徴があります。
難聴の程度や予算に合わせて、自分に必要なものを選択します。
難聴レベルにあわせ、最小限の機能を備えた機器を使用することで、安く購入する事もできるでしょう。
デザイン性で選ぶ事もでき、メタリックカラーやスタイリッシュなツートンカラーの補聴器もあるため、難聴であるというハンディキャップを感じることなく、オシャレアイテムの一つとして利用することもできるでしょう。