補聴器は便利

難聴だと診断された場合でも、最近は子ども用の補聴器が多く開発され、補聴器を使えば、お友達と遊んだり、家の外で過ごしたりといった、日常生活や学校生活においても支障を感じる事はないと言われています。

聴きやすい環境

難聴で補聴器をつけていても、多くの音が聞こえる中で、自分の聞きたい音を聞き取る事は大変だと言われています。そのような時に、補聴器と合わせてFM電波に乗せて耳元に届けるFMシステムなどを利用すると良いと言われています。

選び方を知ろう

難聴の子どもの小さな耳にもフィットするタイプの補聴器が様々開発されています。さらに、アクティブな活動にも対応できる防水タイプの補聴器や、カラフルな色を使ったデザイン性に富んだものなどもあります。

子どもの難聴

人の声が聞き取りづらい、難聴などの症状は、一般的には高齢の人が掛かるものと思われています。
しかし、中には何らかの病気による弊害として難聴になる場合や、生まれながらの先天性難聴で苦しんでいる人もいるのです。
高齢者だけではない難聴の問題は、補聴器などの機器を用いることで改善させることができます。
補聴器は、個人の聴力レベルに合わせ、調整された専用のサポート機器です。
人によっては、こうした補聴器を身につけるのは抵抗がある人もいるでしょう。
耳に何らかの異物があるのを見かけ、周囲から視線を集めてしまうのでは、と考える人もいます。
ですが、近年の補聴器は高性能化、小型化しているため、一見して補聴器を使用しているとは思えないほど目立たないものなのです。
他の人と見た目は何ら変わる事無く、補聴器を使用することができるので、補聴器による見た目の問題で恥ずかしい思いをすることはないでしょう。

子どもの難聴は気づきにくいと言われています。
耳が全く聞こえない、というパターンなら、割と幼少期にすぐ発見できるものですが、片耳だけの場合は難聴の発見が難しいと言われています。
なぜなら、子ども自身が聞こえてない事に気づかない、難聴という事が分からない場合が多いからです。
自分の耳を片方だけ塞いでみれば実感出来ると思いますが、片方の耳だけでも、結構普通の生活が出来るものなのです。
最初から片耳が聞こえづらい状態の難聴の子どもは、全部が完全に聞こえる状態を知らず、かつ周りから見ても特に変化を感じる事がないので、見過ごされがちです。
小学生になる前に行われる身体検査などでやっと耳の事が判明するというケースも少なくありません。

難聴が分かっても、今は補聴器の技術がとても進歩してるので、通常の人とかわらない生活を送る事が可能です。
補聴器はそれぞれの耳に合わせて小さいものから大きいものがあります。
また、ほぼ毎日つけるものなので、レンタルして一日お試しが出来る補聴器などもあります。
難聴と言う事を、自身がコンプレックスと感じる事無く、生活の中に溶け込んで使える工夫が最近の補聴器には成されています。